ブラッドリーテリーモデル(4)

 このブログでは、
 ・株式会社エスミの事業内容
 ・株式会社エスミが開発、販売するソフトの紹介
 ・事例の紹介
などをおこないます。

 今回は事例の紹介です。
 2017年のプロ野球のデータを取り上げます。できるだけ公式記録集などに載らないような記録に着目していきます。

 過去3回でブラッドリーテリーモデル(BTモデル)を紹介しました。ちょうど交流戦が終わったばかりですので、6月19日までの対戦成績を使います。下表は2017年ペナントレースの対戦成績(引分を0.5勝0.5敗として加算)から算出したπiと相性(カモと苦手の関係)です。画像をクリックすると、別ウィンドウで拡大画像が開きます。

 πiを見ると、50を超えているのは、パ・リーグの上位3球団とセ・リーグの上位2球団でした。楽天が88.44、ソフトバンクが73.55と高い値になっています。それぞれのリーグ内では順位の逆転はありませんでした。
 カモと苦手の関係(絶対値が0.7以上に彩色)を見ると、以下の対戦で特に数値が大きくなっています。
 ・広島vs巨人(10勝1敗)→ 1.943
 ・巨人vs中日(7勝2敗)→ 1.512
 ・ロッテvsオリックス(5勝3敗)→ 1.408
 ・オリックスvs西武(5勝3敗)→ 1.274

 ロッテvsオリックスとオリックスvs西武は順位が下の球団が勝ち越しているので、2勝差でもカモと苦手の関係が成立しています。
 今後も不定期にペナントレースの対戦成績を追跡します。