ll▶ よくあるご質問(FAQ)

■ソフトウエアの動作 - Windows版:アンケート集計解析シリーズ

単純集計の結果を印刷しても、「非該当」が出力されない
集計結果に「非該当」を出力するためには、事前に特定の作業がおこなわれている必要があります。

以下の事項をご確認ください。
============================
1.「項目設定/修正」は正しくおこなわれていますか?
============================
「非該当」計算を有効にするには「項目設定」で「親元項目」が設定されている必要があります。

(1)「太閤V55【集計編】」タブより項目「項目設定/修正」画面を表示します。
(2)「非該当」を表示したい項目において「親元項目No.」が正しく指定されていますか?
  ★親元項目欄に「親元項目No.」が正しく設定されている必要があります。

============================
2.「限定項目の該当チェック」は実行していますか?
============================
「非該当」のカウントは、「限定項目の該当チェック」を実行して初めて有効になります。

(1)「太閤V55【集計編】」タブより「データチェック」→「2.限定項目の該当チェック」を選択します。
(2)「2.限定項目の該当チェック」を実行します。
  ★非該当となるデータには「*」が設定されます。この記号は「2.限定項目の該当チェック」を実行すると
   自動設定されます。

  ★チェックの詳細については「マニュアル/終了」→「マニュアル【集計編】」より、
   「2.限定項目の該当チェック」項をご一読下さい。

============================
3.再集計します。
============================
(1)上記「1.」「2.」を確認後、集計を再実行します。

============================
4.上記方法で解決しない場合
============================
下記「お問い合わせフォーム」より下記事項をご記載の上お問い合わせください。
(1)製品名・バージョン
(2)製品のシリアル番号
(3)動作環境(OS / エクセルバージョン)


「よくあるご質問(FAQ)」で解決されなかった場合は、お手数ですが【 お問い合わせフォーム 】からご連絡いただきますようお願いいたします。


前のページに戻る


▼統計ソフトウエア
製品情報
▼統計セミナー
エスミのセミナーとは
セミナーのご案内
講師紹介
▼データ解析
データ解析とは
データ解析の流れ
データ解析の料金と納期
▼コンサルティング
コンサルティングとは
スタッフ紹介
▼アンケート調査
アンケートの実施
アンケートの入力・集計
システム開発
▼会社案内
企業理念
会社概要
所在地
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | サイバーセキュリティ基本方針 | サイトマップ | お問い合わせ © 2017-2024. ESUMI Co., Ltd.